鳥取県災害福祉支援センター

 

新着情報

 ・令和4年6月23日(木)鳥取県災害派遣福祉チーム(DWAT)基礎研修(第1回)を開催いたします。

 

 

災害福祉支援センターとは・・・

 令和3年4月に「鳥取県災害福祉支援センター」を鳥取県社会福祉協議会内に設置し、「平時から災害ケースマネジメントの推進体制の整備」や「鳥取県災害派遣福祉チームの組成と研修」、「災害ボランティア活動対応機能の強化」などを進めています。

 

 

センターの主な役割

1.鳥取県災害派遣福祉チーム(鳥取県DWAT)の組成

 災害時に、福祉の専門職による支援チームを被災地に派遣します。災害派遣福祉チーム(DWAT)は、避難所などで要配慮者を福祉的な支援に「つなぐ」役割や避難生活の環境改善を支援します。

 平時はチームの登録、育成のための研修や訓練など派遣の準備を整えています。

 

2.災害ケースマネジメントの普及

 鳥取県中部地震で始まった被災者支援の取り組みです。被災地で「一人も取り残さない」ために、必要な支援に「つなぎ」ます。

 市町村や社協などが中心となり、多機関・多職種の方々のご協力を得て、被災者の生活再建を支援する活動「災害ケースマネジメント」の普及に取り組んでいます。

 

3.災害ボランティア活動の強化 

 被災地で支援が必要な被災者とボランティアを「つなぐ」ための「災害ボランティアセンター」の運営を支援します。

 平時は災害ボランティアセンターの運営者研修や市町村災害ボランティアセンターの設置・運営等に関する協定締結支援、災害支援関係者のネットワークづくりに取り組んでいます。

 

鳥取県災害福祉支援センターの業務

1.鳥取県災害派遣福祉チーム(鳥取県DWAT)に関する業務

①鳥取県DWATに関する研修会および訓練の開催

②チーム員の登録・広報活動

③災害時の派遣調整など

 

2.災害ケースマネジメントに関する業務

①災害ケースマネジメントに関する研修会の開催

②市町村ごとの実施体制の整備に関する支援

③災害時の被災市町村支援及び各関係機関との連携

 

3.災害ボランティア活動に関する業務

①災害ボランティア活動に関する研修や訓練

②災害ボランティアセンターの機能・連携強化の支援

③災害ボランティアに関する「ネットワークづくり」

④災害時の災害ボランティアセンター運営支援