この情報の担当は私たちです。
【総務部】
【このページに関するお問い合わせ】
電話:0857-59-6331 FAX:0857-59-6340

平成30年度7月豪雨災害について

 7月5日から続いた豪雨災害により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された地域の皆さま、その家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

 県社協は、市町村社協、鳥取県、全社協、中国ブロック社協、共同募金会、関係団体等と連携を密にし、支援体制を構築して被災地の皆様の一日も早い復興支援のため全力で取り組んでいます。

福祉救援活動情報

7月豪雨災害にかかる本会の動き等をまとめました。

随時更新していきます。

【智頭町災害ボランティアセンター】

 智頭町社会福祉協議会は、7月10日(火)「智頭町災害ボランティアセンター」を立ち上げ、被災者支援のためのボランティア活動を行ってまいりましたが、7月15日をもちまして災害ボランティアセンターでのボランティア募集は終了いたしました。

 町内及び県内の多数のボランティアの皆様にご協力いただき、大変ありがとうございました。

災害ボランティアセンター運営支援のための社協職員派遣について(岡山県、広島県)

 平成30年7月5日(水)から7日(木)に発生した「西日本を中心とした豪雨災害」により、西日本の複数の市町村において被害が発生しました。被災地は人命救助が続けられるとともに、被災者支援のためのボランティア活動が開始されています。
 被災地市町村社協では災害ボランティアセンター等を設置して柔軟な対応を展開していますが、各社協において、各セクションを統括するリーダーやセンター全体を把握して進めることのできる運営支援者が不足している状況があることから、岡山県及び広島県の社会福祉協議会から職員派遣についての応援要請がありました。
 本会は、「中国ブロック県・指定都市社会福祉協議会災害時の相互支援に関する協定」に基づき、中国ブロック幹事県(H30年度は鳥取県)として岡山県及び広島県へ職員を派遣し、災害ボランティアセンターの運営支援にあたることとなりました。

 第1回目(第1クール)には、本会職員6名と県内の市町村社協職員9名及び鳥取県職員8名の併せて計23名の派遣を行いました。

 以降クールは、各市町村社協職員の御協力をいただいて引き続き活動にあたります。

 派遣期間 平成30年7月13日(金)〜平成30年7月16日(月) ※ 第1クール

 派遣先  『岡山県
        岡山市2名(鳥取市社協1名、鳥取県社協1名)

        倉敷市5名(鳥取県社協1名、鳥取県職員4名)

        総社市5名(同上)等 

        『広島県』
        広島市  4名(倉吉市社協4名)
        呉市   2名(若桜町社協1名、北栄町社協1名)
        東広島市 2名(境港市社協1名、日吉津村社協1名)
        三原市  3名(鳥取県社協3名)
                                  計 23名

 災害ボランティアセンター運営支援者 活動内容

   @ ボランティア受付
   A ニーズ受付(ボランティアに来てほしい方からの受付)
   B マッチング班(ボランティアをしたい方に活動調整を行う業務)
   C 資機材班(ボランティア活動を行う方へ資機材の受け渡し)

 以降クールについては「福祉救援活動情報」をご覧ください。

全社協被災地支援・災害ボランティア情報

 災害ボランティア活動を希望される方は、各災害ボランティアセンターの最新情報を確認し活動に参加してください。

岡山県社会福祉協議会

広島県社会福祉協議会

島根県社会福祉協議会

山口県社会福祉協議会

  • 社会福祉協議会について
  • 財源について
  • 賛助会員のご案内
  • 広報
  • 交通アクセス
  • 新着情報
  • イベントカレンダー
  • 事業別一覧
  • とっとりボランティアバンク
  • 福祉人材研修センター
  • 助成金情報
  • 鳥取県福祉研究学会
  • 福祉の職場 求人情報