この情報の担当は私たちです。
【福祉人材部】
【このページに関するお問い合わせ】
電話:0857-59-6336 FAX:0857-59-6341

鳥取県保育士・保育所支援センター

「鳥取県保育士・保育所支援センター」は県内で働く保育士の確保と定着のため、平成28年4月に設置されました。事業所の見学同行、就職相談、お悩み相談などをきめ細かく行い支援します。

●保育事業主・保育従事者向けの相談窓口

保育事業主・保育従事者を対象に離職防止・人材定着を目的とした「保育のお悩み相談窓口」がスタートしました。電話・メールでお気軽にご相談ください。匿名でも大丈夫です。相談内容・プライバシーは厳守いたします。必要に応じて、社会保険労務士や弁護士への橋渡しも行います。

電話番号 0857-59-6342(平日9時〜午後5時)

メール  hoikucenter@tottori-wel.or.jp

 ※返信に少しお時間をいただく場合があります。


●ブランクがある保育士の方へ

★保育士等就職支援セミナー

鳥取県の保育の動向や保育指針についての解説をするほか、保育の仕事のおもしろさ・やりがいをお伝えします。

★職場体験

鳥取県内の保育園・認定こども園で3〜5日間の職場体験ができます(無料・保険付)

保育士の資格をお持ちで、一定の要件を満たす方に、就職準備金・保育料の一部貸付を行っています。

●県外養成校の学生の方へ

鳥取県保育実習等旅費支援事業

鳥取県外の保育士養成施設に通う鳥取県出身の学生が、鳥取県内の保育所等で保育実習や就職体験・ボランティアを行う際の旅費を助成します。実習などを通じて、県内の保育所や子ども達の様子を知っていただき、鳥取県内での就職をきっかけとしていただくことを目的としています。

※要項を変更しました

 ○変更点:助成の対象範囲が広くなりました

【変更前】自主的に鳥取県内の保育所等で保育実習や就職体験・ボランティアを行う際の旅費

【変更後】鳥取県内の保育所等で保育実習や就職体験・ボランティアを行う際の旅費

●情報誌「かわらばん」

 保育士として就職を希望されている方、保育士として働いている方へ役立つ情報をお届けします

●保育現場で働きたいと思っている貴方へ

★保育士資格取得について

保育士の資格を取得する方法は2つあり、次のいずれかの方法で保育士資格を取得し、保育士登録を行った後に保育士証の交付を受ければ「保育士」と名乗れます。

1.厚生労働省の指定する保育士養成施設(大学・短大・専門学校)を卒業する。

2.年2回行われる保育士試験に合格する。

★子育て支援員について

 国の省令等において、保育所等における保育士等の配置基準が弾力化されたことに伴い、鳥取県においても保育等の労働環境の改善と、年度途中の待機児童の解消を図るため保育士の配置基準が弾力化され、子育て支援員が配置できるようになりました。

 子育て支援員とは、各自治体で行われている「子育て支援員研修」を終了し、かつ地域保育に従事できる知識があると認められた人のことです。子育て支援員研修を通して、小規模保育や社会的養護(保護者がいない、もしくは事情により保護者と離れて暮らしている子どもへの養護)などに関する知識を身につけることができます。「子育て支援員」になるにあたって必須となる資格やスキルはありません。経験や年齢も不問とされており、研修料(テキスト代は必要)もかからない点が大きな特徴といえます。子育てや保育に興味があり、かつ「保育の現場で働きたい」という意欲がある人にオススメの資格です。

 子育て支援員になるまでの流れ

1.各自治体で行われている「子育て支援員研修」に申し込む。

2.指定の会場にて、基本研修と専門研修を受講する。

3.子育て支援員研修を修了し、各自治体から研修の修了証が発行され、晴れて「子育て支援員」となります。鳥取県保育士保育所支援センターに登録して就職支援を活用しながら、自分に合った勤務先を見つけましょう。

登録いただくと、保育所等の求人検索や求職に関するさまざまな情報を受け取ることができます。
  • 社会福祉協議会について
  • 財源について
  • 賛助会員のご案内
  • 広報
  • 交通アクセス
  • 新着情報
  • イベントカレンダー
  • 事業別一覧
  • とっとりボランティアバンク
  • 福祉人材研修センター
  • 助成金情報
  • 鳥取県福祉研究学会
  • 福祉の職場 求人情報