この情報の担当は私たちです。
【福祉人材部】
【このページに関するお問い合わせ】
電話:0857-59-6336 FAX:0857-59-6341

令和元年度福祉の職場で働く看護職員研修会

令和元年度福祉の職場で働く看護職員研修会のご案内

 少子高齢化が進展する中、2025年に向けて地域包括ケアシステムの取り組みが強力に推進されています。ますます、福祉の職場で働く看護職も専門職として多様な役割を発揮することが重要になってきました。

現在、福祉・介護職場で働く看護職員の多くは医療職場からの転入であり、中には医師の不在や一人職場などの医療職場との違い、介護職など多職種との連携など悩みを抱える看護職員も少なくありません。また、看護職員の配置が少ない職場も多く、不安や悩みがあってもなかなか相談する機会に恵まれない看護職員もおられ、特に入職後間もない看護職員に対し適切な助言や指導がなされないことで仕事へのストレスが大きくなり、結果として早期離職に繋がってしまうケースもあります。

  そこで、本研修では福祉職場の看護職員に対し、2日間をとおして、その役割や必要な知識、技術等について学んでいただきます。あわせて「グループワーク・情報交換」の中で他の研修参加者同士と思いや悩みを共有し、お互いに助言を行う機会を提供することで、看護職員の福祉職場への定着支援、資質向上を目的として行います。

対象 県内の社会福祉施設(介護サービス事業所、障害者総合支援法に基づくサービス提供事業所、高齢者・障害者施設等)等で勤務する看護職員
日時 <第1日目>令和元年9月27日(金)10:00〜16:00
<第2日目>令和元年9月30日(月)10:00〜15:30
会場 新日本海新聞社中部本社ホール
(〒682-8505倉吉市上井町1丁目156番地 電話0858-26-8300)
定員 50名
参加費 無料
  • 社会福祉協議会について
  • 財源について
  • 賛助会員のご案内
  • 広報
  • 交通アクセス
  • 新着情報
  • イベントカレンダー
  • 事業別一覧
  • とっとりボランティアバンク
  • 福祉人材研修センター
  • 助成金情報
  • 鳥取県福祉研究学会
  • 福祉の職場 求人情報