共同募金とは?


【平成22年度実施事業】


 一般募金 


『赤い羽根共同募金、ありがとうございました。』
(軽費老人ホーム福原荘) 米子市

 この度は、共同募金より配分金をいただき誠にありがとうございました。当施設は経年等による建物の劣化で、屋根の塗膜が剥がれ落ち雨漏り等の心配がありました。今回改修工事が終わり「これでひと安心ですね」と笑顔で入居の皆さんのお声もいただいております。
 今回助成していただき、あらためておひとりお一人の善意の積み重ねがこの「赤い羽根」に集約されていると強く感じる次第です。本当にありがとうございました。



『感謝の気持ちを忘れずに!!』
(船岡作業所) 八頭町

 「新しい車はいいなぁ!」と利用者の皆さんと共に喜んでいます。私たちの船岡作業所は、赤い羽根共同募金の配分により長年の夢だった軽ワゴン車を購入しました。大江の郷自然卵の週一回の注文販売はもとより、日々の大江の郷天美卵の箱の納品に利用させていただいています。新しいワゴン車は、車内も広く卵の箱も載せやすいと好評です。
 今後は、降雪雨等で通所が困難な利用者の皆さんの送迎に活用し、利用者の皆さんが安心して一日でも多く通所していただけるように配慮します。
 共同募金配分をいただき本当にありがとうございました。多くの皆様に感謝し、大切に使用させていただきます。






 NHK歳末たすけあい募金 


『親子で過ごせる場所ができました』
(青谷こども学園) 鳥取市

 この度は、親子生活訓練室に電化製品・家具を配置していただきまして、大変ありがとうございました。
 これから施設を出て家庭を作っていく子ども達が、親子兄妹で食卓を囲む楽しさを体験し、絆を深めていく場所ができました。本当に感謝しています。



『発電機・綿菓子機購入』
(淀江作業所) 米子市

 発電機と綿菓子機を頂き、早速バザーで使用しました。行列ができるほど綿菓子機がよく売れ、バザーでの収益倍増となりました。
 製造も思ったより簡単で、今後たくさんのメンバーに関わってもらい、仕事に対する意欲の向上、工賃アップ、販売商品の拡大に繋がることと確信しました。ありがとうございました。






    災害等準備金積立金取崩し配分  


    『自立体験室の出入り口が新しくなりました』
(障害者生活支援センターすてっぷ) 米子市

 障害者生活支援センターすてっぷでは、障がい者の方の地域移行を支援する中で、自立体験室を利用した一人暮らしの体験をする事業をおこなっています。車椅子の方たちにとっては、バリアフリーの出入り口は必須です。改修できたことで、ますます利用しやすくなりました。
 配分いただき、ほんとうにありがとうございました。
 



copyright (c) 2004 .社会福祉法人鳥取県共同募金会 All Rights Reserved